土地活用ではリスクを抑えた賃貸経営に魅力を感じますので、一括借上げシステムを採用するサブリースにメリットを感じます。

空室対策や家賃の滞納など面倒な運営管理をする必要がありませんので、手間を掛けない経営が可能となります。

メリットが多いサブリースにもデメリットはもちろん存在していますので、リスクを比較して検討する必要があります。

大阪の土地活用に関する耳より情報です。

サブリースで土地活用を行う際に注意するポイントは色々ありますが、建築費用が割高に設定されている点があります。



サブリースによる賃貸経営では、空室対策など一定のリスクを業者が背負いますので、その分は建築費用である程度回収しようとするのが基本です。賃貸管理をする必要がなくても建築費用はオーナーの負担ですから、できるだけ抑えたほうがリスクを少なくすることが可能です。

契約内容はサブリース会社によって変わりますが、25年から35年の長期保証を謳う会社が多くなっています。



しかし契約では賃料の増減ができるようになっているのが普通ですし、賃料の交渉に応じない場合には中途解約ができることも定められている場合があります。

もちろん入居者が集まらないために利益率が悪化した場合には、長期保証があっても途中で打ち切りとなるケースもあります。
土地活用においてはリスクの少ないサブリースに魅力がありますが、安定した状況がいつまでも続くわけではないリスクも抱えることになります。
サブリースを利用する際には、契約内容をしっかりと把握しておくことが大切でです。